Yasuto
Nakahara
________Chef

困った時の岡ちゃん頼み

みなさん大変ご無沙汰しております、コロナで3年振りの来日となりました「棒除礼マー坊(ボージョレ・マーボー)」です!

今年もやってきました11月17日木曜日ボージョレ・ヌーボー解禁日、しかし今年はそれどころではありません!

その3日後サッカーW杯カタール大会開幕、セルジオ越後さんから後は任せたとのことで、ヌーボーは今年も良い出来だと言うことをお伝えして後はカタール大会を熱く語ーる(かたーる)ことにします。

3回目の今回は監督について、日本代表 森保一氏なんか地味なんじゃあないかと思われがちですが地味で良いんです。

彼が目指す「行雲流水(とらわれることない自由な行動)」の境地こそ悲願のベスト8入りを実現してくれることでしょう。

1988年日本がW杯初出場した時、1勝も出来ずこんな川柳が流行ったのを覚えてます。

「国旗三つ覚えて終わるW杯」今回は何個の国旗を覚えさせてもらえるか楽しみですね。まぁ、いざという時は岡ちゃん(岡田監督)を三度招集するのも良いかも...

それではまた来年お会いしましょう〜
マー坊より

11.18 金デリは〜

ボージョレスペシャルバージョン!やはりメイン料理はこれでしょう〜

「美星黒豚のブルギニョンヌ(赤ワイン煮込み)」

その他ボージョレに合うラインナップが目白押し!

ちょっとここでは紹介し切れませんのでマダムの方から発表があると思います〜

サムライに敗北という2文字はない

さぁいよいよサッカーW杯カタール大会まで2週間を切りました!引き続き「セルジオ越前」です。

2回目の今日は、強豪ひしめくグループEをいかに突破するか検証しましょう!はっきり言ってヤバイです!

日本が決勝リーグに進出する唯一の道は、1勝1敗1分けで得失点差で辛うじて切り抜けるしかないと思います。

もちろん1勝はコスタリカ、しかもなるべく得点差を広げて勝つこと!もしコスタリカに敗れようものならその時点でアウトです。

で、1敗はやはりスペインとにかく0-1ぐらいで負ければベスト、ただスペイン戦は3戦目なのでその前にスペインが進出決定していれば引き分けの可能性は十分あるかも...

そこで一番大事なのが初戦のドイツ戦!世界ランク11位の強豪ですがなんとか守り抜き0-0で引き分ける。

ここでドイツに破れるとかなりマズイでしょう。あとは心構えでしょうが、サムライを名乗るからには死ぬ気で本望を全うする気持ちが大事!

サムライには「死という言葉はあっても敗北という2文字はない」のです!

それではサムライブルー、みごと決勝リーグ進出した時ふたたびお会いしましょう〜

11.11 金デリは〜

ポッキーの日ですが特に関係もなく

「塩豚と白菜のマスタードブレゼ」

「あぶりサーモンと秋野菜のラタトゥイユ」

引き続き「かぼちゃとクリームチーズのクレープグラタン」あります!

カタールを語ーる

みなさん大変ご無沙汰しております、4年振りの登場ですが自称超辛口サッカー評論家「セルジオ越前」です。

今回からシリーズで11月20日から開催されるサッカーワールドカップ カタール大会、いかにサムライブルーが悲願のベスト8に進出できるか検証してみましょう〜

まず、第1回目は開催地カタールについてです。人口は約280万人ぐらい、面積は日本の秋田県ぐらいでしょうか。中東初のワールドカップということで夏は非常に暑い!11月開催になりましたがそれでも暑いらしいです。

そして首都はドーハ、そう!ドーハといえば29年前誰もが初のワールドカップ出場と思った瞬間、ロスタイムにコーナーキックからゴールされまさかの予選敗退。テレビの前で5分間ぐらい口が開いたまま放心状態だったことを覚えています。

いわゆる「ドーハの悲劇」ですね。カズをワールドカップに行かせてやれなかったのが今でも心残りです。願わくばいつの日か監督か何かで出場し、あのカズダンスを世界に披露してもらいたいものです。

ちなみにシェフダンスというのもありまして、肉がうまいこと焼けた時(特に鴨肉)厨房でひとりで踊ってます。かなり腰の動きが激しいのでもうできないかも...

あと、今回最年長選出のゴールキーパー サムライブルーの守護神 川島永嗣、昔はよく似てるって言われたんですけどどうでしょうか?

ぜひMの月シェフ似の川島選手応援しましょう!次回は強豪ひしめくEグループをいかにして予選突破するか検証しましょう〜

11.4 金デリは〜

「煮込みハンバーグ」

「赤海老とアスパラガスのセヴィーチェ」

セヴィーチェとは柑橘を使った魚介のマリネのこと。今回はレモンとオレンジを使い、キレのあるマリネに仕上げました。

引き続き「かぼちゃとクリームチーズのクレープグラタン」あります。