Salon

話題作「明日、ママがいない」の続編「今日、シェフがいない」の天才子役、芦田シェフ菜です。

今年はほんと雪がよく降りますねぇ。例えば、由紀(ユキ)という彼女がいる人はニュースなどで「今日、突然、雪に降られまして...」とキャスターが言っているのを聞くとドキッとするのではないでしょうか。「今日、突然、由紀にふられまして…」なんてね。

もし由紀さんと別れた直後だったら腹立ちますよねぇ。もし雪国だったら「もうユキなんか見たくねぇ」とか「ユキはきらいだ」「もうユキは見飽きた」など大変なことになると思うんですが… くれぐれもユキさんを彼女にもつ男性諸君は気をつけましょう。

なんとか無事今年もバレンタインを乗り切ることができ、多分過去最高に作り、売れたと思います。私の憶測が確かなら、倉敷で最もチョコレートを作っている店だと思います… しかも少人数で。

しかし、私は毎年チョコレート作りを手伝いながら、ある疑問がふつふつとわいてくるのを実感しています。

それは「何でチョコレートなん?」

例えば大福でもどら焼きでもいいんじゃないかと。毎年チョコレートだったらチョコレート業界ばっかり儲かって不公平ではないかと。そこで、常に公平で中立的立場をよしとするMの月シェフが考えたことは、毎年くじで決めること。あるいはオリンピック招致みたいにプレゼンしてもらい決めるとか。

で、発表の時に会長みたいな人が「トウキョウ」ではなく「マンジュウ」とか「ダイフク」とか「ミタラシダンゴ」とか読み上げるのです。これは盛り上がるぞ!最後に「おもてなし」も忘れずにね。

最後に、今年のバレンタインで最も感動したのは、あの長女 ちひろ が、シェフ同様友達がいなく、学校でほとんどしゃべらない、いつも本ばっかり読んでいるあのちひろが、な・な・なんとチョコレートをもっていき、しかも自分でつくらずに店の商品に手を出し、ちゃんと友チョコをもらって帰ってきたことです。3コも!

そして一言捨てゼリフをはき、さっそうと古本市場に立ち読みに行きました。その捨てゼリフとは...

「どうせパパは誰もくれんじゃろ」

ソチ五輪、いよいよ終盤ですねぇ。みなさん観てますか? はじめまして、レジェンド中原です。そして感動をありがとう、浜村淳です。

そしてここ倉敷でも新たなレジェンドが生まれようとしています。2月最終日曜日、そうアレが行われる日です。

「総社吉備路マラソン」
早いもので今年で参加して4年目になります。あ、ついでに秋の蒜山マラソンのご報告をしておきますと、なんと台風の影響で雨でして、ほんと大変でした。

寒いし、服はぬれて重いし、極めつけがゴールのグラウンドが田植え状態。それでも見事完走し、温泉につかって帰ってきました。

今季から三女あおいも小学校に上がったので参加。マダムをのぞく4人が走りました。そう、これが伝説の「ご気楽脳天気マラソン家族」です。

で、吉備路マラソンですが、最近よく週末になると雪が降るのでビビってましたが、天気予報では絶好のマラソン日和とか。やはり蒜山の時はひとり雨男がついてきたのでそれがよくなかったのでは?

先日、練習をかねて子供たちと走ってみたのですが、な・な・なんと500mぐらい走ったところで脇腹がひきつってしまいリタイヤ。子供たちに「このオヤジ、本当に大丈夫か?」と白い目でみられながらそそくさと帰り、ビールをたらふく飲んで寝ました。それに加えどうも最近体が重いような感じが…

しかし大丈夫です。今回マダムに頼んで靴を新しく買ってもらいましたので、多分いい記録が出ると思います。色は青にしました。みなさんは「青いイナズマ」と覚えておいてください。

「シェフだマン」

シェフの応援ソングができましたので、もしシェフを見つけたらこれを歌って応援してあげてください。
(デビルマンのメロディーで)

あれはシェフだ シェフだ シェフだ
あれはシェフだ シェフだマン〜
シェフだマ〜ン

(一番)
なまけ者の名をうけて
家族のために働く男〜
シェフ's アローは 超ネガティブ
シェフ's アイは 老眼気味
シェフ's ボディ 加齢臭
シェフ's ショルダー 五十肩
悪魔のマダム〜 妻にもつ〜
正義のヒーロー シェフだマン〜
シェフだマ〜ン

(二番)
はじめて知った マダムの本性
その恐ろしさに ビビってる男〜
マダムチョップは 破壊力
マダムイヤーは 地獄耳
マダムパンチは 岩砕く
マダムくちびる たらこぐち
悪魔のマダム〜 見張られてる〜
正義のヒーロー シェフだマン〜
シェフだマ〜ン

このたび都知事選に出馬し、みごとに落選したこりない男ドクター中原です。マニフェストは「脱原発」ではなく「脱マヨネーズ」です。

さすがに無類のマヨネーズ好きの私でもヘルシー志向の時代の流れには逆らえません。2014年から自然派草食系イケメン男子になることを心に決め、必ず常時2本はストックしてあるマヨネーズを禁じ手とし封印しました。しかし、Mの月を愛してやまない肉食系女子集団からクレームが続発!

「シェフもっと濃い味の惣菜パンを…」と。

Mの月の濃い味の料理とパンの味に侵された禁断の中毒症状を訴える患者さんたちを救済すべく再び立ち上がる時が来ました。もはやカロリーハーフとか、カロリーオフとか甘っちょろいことを言っている場合ではありません。

ここまできたらカロリー2乗、スクエアーだ!マヨネーズ、チーズ、練乳、あんこ、バター、はちみつ、メープルシロップ使いまくりだ!

そのような理由で今年もお酒に合う(特にビール)パン作りに邁進していく所存です。

P.S. たまに「あんバタークロワッサン」という世にもおそろしいパンを出すのですが、そうでなくてもバターたっぷりのクロワッサンに、さらにあんこと有塩バターをたっぷりサンドする、こんな体に悪いもの誰が買うかと思うのですが、なんとよく売れるのです。

「ふふふ… おぬしも甘党よのぉ〜」

セニョール、セニョリータ。はじめまして、自称辛口サッカー評論家のセルジオ・シェフ後です。

とうとう決まりましたねぇ、ワールドカップ・ブラジル大会予選リーグ組み合わせ。そこで、今日は愛するザックジャパンがいかにして見事予選リーグを突破し、あわよくば初のベスト4入りできるかについて検証してみましょう。

はっきり言ってこの組に入ってほんとよかったと思います。まだツキがあります。まぁどこに入ってもほとんど格上のチームばかりですが… すべては初戦のコートジボワール戦で勝つことにつきます。

これがすべてで引き分けでも予選敗退は必至。あとギリシャ、コロンビアは引き分け狙いでOK。1勝2分けでめでたく予選突破。くれぐれも初戦勝ったからといって欲を出して残り2試合勝ちにいかないこと。確実に勝ち点1をとりにいくこと。負けないことが大事なんです。

これは私の経営哲学にも似ていて、もうけすぎない。商売は「なかずとばず細々と」が鉄則、つぶれなければいいと。そう、勝ち点1を狙いにいく生き方こそ長続きするコツなのです。

話がそれましたが、あとはコロンビアがカギになります。日本と対戦する前にコロンビアが2勝し、決勝リーグ進出を決めてくれていれば言うことなしです。また長くなりそうなので、決勝リーグの戦い方については次回!

「Mの月はザックジャパンを応援しています」

P.S. 近所にブラジルレストランができましたので、そこで盛り上がろうと思います。

自分は、DJポリスの弟分、DJシェフであります。日夜、Mの月レストランが円滑に営業できるよう細心の注意を払い精進しております。

例えば、「みなさんは収穫月のサポーターです。あ、そこの会話のない熟年夫婦、もっと楽しそうに食べましょう。それと食べるのが早すぎます。会話しながらゆっくり噛んで食べましょう。そんなに早く料理出せません」とか、「そこのカップル、プレゼント交換は食後にしましょう。料理が冷めますよ」とか、「そっちのカップル、テーブルの上で手をつながない〜、料理が出せません」など、DJシェフは日々忙しすぎて落ち着いて料理をつくっている暇がありません。今後のDJシェフの活躍に期待しましょう。

で、本題に入りますが、いよいよ年末まで1ヶ月になりました。12月は何かと忙しい時期でして、Mの月でもイベントが目白押し。

その中のひとつ「ローストチキンギフト」なのですが、あれは5年ぐらい前になります、あるお客様のたっての要望ではじまり、年を重ねるごとに数も増えていき、おととしなどは忙しすぎて三女あおいを保育園に迎えに行くのを忘れて大問題になったことがあるくらいです。

ローストチキンのポイントは、もちろん火通し加減が大事ですが、もうひとつのポイントに「しばり」があります。このしばりをちゃんとしてないと焼き上がったとき鶏がキュッとおいしそうに見えないのです。

こう見えて昔は「しばりのやっさん」と呼ばれていたぐらいしばりの名人でして、あ、誤解のないように人間はしばったことありません。

で、今年はスープも欲しいというお客様の要望にこたえ「はまぐりのクラムチャウダー」をセットの中に入れておきます。移転1周年ということもあり、マダムも許してくれるでしょう。

整理すると下記のようになります。

12月22日(月)・23日(火)・24日(水)の3日間
///// 受け渡しは夕方 ///// 予約販売のみ

1日限定 10セット
★ 7,500円(税込)★

P.S. 今年から三女あおいは小学校に入りましたので、ひと安心です。

ローストチキンギフト

ローストチキンギフト

・ローストチキン(バターライス)1羽
・じゃがいものロースト
・マスタードソース
・はまぐりのクラムチャウダー

★ いずれも1セット 4〜6人分 ★

エコのためスープ用の鍋、もしくはタッパーを持ってきていただくとありがたいです。

あとは、パンとデザートがあれば完璧。こちらは店頭でご購入ください。キッシュもあるといいですねぇ。

それではご予約お待ちしております。

つくづく思うのですが、日本は豊かな国です。あちこちに豊かが溢れています。豊かが多過ぎます。例えば、尾崎豊、竹野内豊、松重豊... と数えればキリがないです。

最近、また新しい秋の味覚を発見しました。私の大好物の梨なのですが、それは「おもて梨」という梨なのです。噂では日本種とフランス種のハーフらしいのですが、かなり見た目はきれいで透き通った(クリスタル風)感じ、よくテレビなどで見かけます、どうやら滝川農園で作られてるらしいです。

あ、栗も見つけまして「タキ栗」という栗でこちらも美味です。多分みなさんは、私の病気が発症したと思うでしょうが、これもすべてアレのせいなのです。

そのアレというのは、そう、今月20日にある「蒜山マラソン」です。早いもので、走り出して3年目になります。みなさんもご存知の通り、年2回、蒜山と吉備路マラソンを走ってまして、その2週間前ぐらいから「マラソンうつ」が発症するのです。

ちなみに津軽には7つの雪が降るらしいのですが、Mの月シェフには7つの鬱がありまして、

(1)キャンプ鬱 (2)ランチ鬱 (3)梅雨鬱 
(4)X'mas鬱 (5)バレンタイン鬱 (6)イベント鬱

そして、最後が今回の「マラソン鬱」なのです。業界では「7つの鬱を持つ男」と呼ばれて恐れられています。

今回、猛暑のせいで、ビールとアイスを食べまくったせいで贅肉がつきまくり、とても走れる体ではなくなりました。さらに暑いことを言い訳に練習をサボってばかり、そう、すべて猛暑のせいなのです。

こんなことでは、あの地獄の蒜山の坂道をのぼりきることは到底不可能。もし、無理をして膝でも痛めようものなら営業に差しつかえ、愛する家族が路頭に迷うことに...

3年を区切りに、あとは子供達に任せ、潔く引退しようかと。それでは、北斗の拳のラオウの言葉を引用させていただき終わりたいと思います。

「我がマラソン人生に一点も悔いはなし!」

やられたらやられっぱなしの半沢シェフ樹です。実は非常に困ったことに突然、泣く子も黙る、恐怖の「マダム査察」が、この度抜き打ちで入ることになり、今やばいレシートを捨てまくってます。

なにせ13年と4ヶ月、つまり約160ヶ月連続赤字経営、さらに今夏稀に見る猛暑のためエアコンを使いまくり、電気代がえらいことに。移転して少しはエコになると思いきや、状況はさらに悪化。

そんなわけで「マダムLOVE之助」にネチネチと日々いびりたおされている半沢シェフ樹なのです。

果たして、半沢シェフ樹は泣く子も黙る恐怖のマダム査察を乗り切ることができるのだろうか?

そして、失敗すれば地獄の 収穫月パプアニューギニア店 出向が待っているのだ!

「マダム査察 初日」

マダムLOVE之助(以下、マダム):
このレシートに頻繁に出てくるビッグプッチンプリンってなんなのよ〜

半沢シェフ樹(以下、シェフ):
いや〜、プッチンプリンが三度のめしより好物でして、昼のご飯代わりにいつもプッチンプリンを食べまして... でも、ちゃんと安売りの99円のとき買ってますので...

マダム:
じゃあ、このパピコは?

シェフ:
今年の夏は暑かったので、ついつい風呂上りと寝る前に食べまして... ちなみに今、りんごとヨーグルト味がおすすめです...

マダム:
いい加減にしてよね、あんた、甘いもの食べ過ぎよ。仕事もろくにしないで贅肉ばっかりためてどうすんのよ!

次回、怒濤の半沢シェフ樹の反撃が始まる。

みなさん、快挙です。またまたやっちゃいました。
この度「STAP細胞」を発見し、世間をお騒がせしているリケジョの星 シェフ川晴子、通称「はるちゃん」です。ちょっとバドミントンの「オグシオ」のシオのほうに似ています。

「STAP」最高です!
みなさんもぜひ食べてみてください。

「タピオカあんこ入りいちごパフェ」ストロベリー(S)タピオカ(T)あんこ(A)入り パフェ(P)できることなら練乳と白玉だんごを入れたいぐらいです。いや、わらび餅でもいいですねぇ。この夏、大ブレイクしそうな予感、Mの月もぜひ夏カフェで提供したいくらいです。

いちごつながりですが、マダムスイーツの「いちごパイ」がいよいよはじまりました。昨年苦し紛れに出したものが大ブレイク。「いちごに火を通すなんて邪道だ」と言ったところ「ピザにマヨネーズをかけるほうがもっと邪道だ」と言い返され意気消沈したシェフでした。

ほんとやってみないとわからないものですねぇ。でも、いちごはやっぱり練乳をひたるほどかけて食べるのが一番だと思います。「練乳のスープ、いちご添え」みたいな感じで…

あ、練乳はやはりM永さんの缶入りがおすすめです。
春はそこまで来てますよ。

みなさんはじめまして「G.T.O」グレート・ティーチャー・オニグラです。ちなみに嫁は ななこ です。飼い犬が世間をさわがしてますが…

もう限界です。玉ねぎの炒め過ぎでとうとう第8のうつ「オニグラうつ」を発症してしまいました。例年なら年明けからレストランは暇で、マダムとアマゾネス軍団がチョコレートを作りまくっているかたわらでシェフブログを書きまくっていたのですが、今年はなぜかオニグラDランチ絶好調でイスに座る暇さえありません。さらにアマゾネス欠員のため、とうとうアマゾネスに吸収され夜な夜な手伝わされる日々…

そこで考えました。マダムにはアマゾネス軍団という「懐刀」がいるのに私には誰もいない。これは不公平ではないかと。そこで、私もマダム同様最強の軍団をつくることに。

例えばMの月シェフとシェフザイル(歌って踊れるイケメン軍団)、あるいは東方神起 with シェフ(草食系イケメン男子軍団)とか。

しかし、メンバーが多いと人件費がばかにならない。そこで考えたのが「3つのしもべ」これならピンチの時にだけ叫べば、どこともなくやってきてくれるはず…

ロプロスとポセイドンはおいおい集めるとして、とりあえず使い勝手のいいロデムを急募しようかと。我こそは、ロデムになりたいと思う方はMの月に集いたまえ!

「キューティー、シェフ〜」♪

恒例の2014年度シェフのテーマ曲が決定しましたのでご報告まで…

(キューティーハニーのメロディーで)

このごろはやりのイケメンシェフは
おなかがぽっちゃり男の子〜

あっちへ行ってよシェフ〜
だってなんだか、だってなんだか
加齢臭なんだもん〜

おねがい、おねがい、近づかないで〜
シェフのおなかがぷるぷるしちゃうの〜
シェフ〜 うつ!

遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。

みなさん、私が最も恐れる事態がとうとう勃発いたしました。今年3月チョコレート作り終了と同時にめでたく解散したあの伝説の集団「Mの月マダムとアマゾネス軍団」、岡山市内某フレンチレストランで打ち上げし、もう二度と会うことはないと思っておりましたが、私があさはかでした。

めっきり寒くなってきた今日この頃、とうとうマダムからチョコレート作り宣言が発動され、ここにアマゾネス軍団が再招集される運びとなりました。

しかし、ひとつ問題が…
様々な諸事情によりメンバー数名が脱退した模様。そこで2014年度バレンタインギフトを乗り切るためメンバーを緊急募集することにしました。

我こそはと思う人は集いたまえ〜!

「アマゾネス軍団」緊急募集!

募集要項は下記の通り…

其の一:
自他共に認める肉食好きであること

其の二:
シェフのボケに対してツッコミができる人

其の三:
36時間飲まず食わずで働いても元気な人

其の四:
一点の曇りなく、胸をはって、私はアニメおたくですと言い切れる人(特に北斗の拳、ジョジョの奇妙な冒険など90年代アニメに詳しい人)

P.S. チョコラスク好評発売中♪

今日はみなさんにお詫びをしなければならないことがあります。今、世間を騒がしている食品偽装問題ですが、実はこのMの月でも誤表示が発覚しました。

そもそも事の発端は、長女がたまたま私のシェフブログをみて、「パパってイケメンなん?」と素で聞いてきました。私は、生まれてこのかた自分がイケメンじゃないって思ったことがなく、まさに「青天の霹靂」状態でした。

そこで、緊急家族会議を開き、全員の意見を聞いたところ今どきのイケメンではないことに落ち着き、ここにお詫びと訂正をしたいと思います。

実は80〜90年代の男前で、平成のイケメンではない、つまりひと昔前の暑苦しいイケメンということで、これからは「イケメンだったシェフ」にしたいと思います。

前置きが長くなりましたが、11月24日めでたくシュトレンが焼き上がりました。フルーツの漬け込みが遅れるなどさまざまなトラブルにもめげず、無事完成。今日から約10日間熟成させることにより、さらにおいしくなるはずです。

そこで「シュトレン2013」完成記念に、前回はアトヴェントの楽しみ方とフルーツの漬け込みについてお話しましたので、今回は後編ということでシュトレンのおいしい食べ方についてうんちくを述べさせていただきます。

シュトレンというのは、焼き上がってすぐはパサパサしていて食べてもおいしくありません、これを最低1週間、できたら10日間ぐらい休ませることにより、しっとりとしたバターケーキのようなコクと香りが出てくるのです。

そして食べ頃になると、それを薄くスライス(5mm〜1cm)して紅茶とともに召し上がる。できたらモーツァルトとブラームスを聴きながら、はるか何千キロと離れたヨーロッパに思いをはせながら至福の時を過ごす。

少し固くなったシュトレンは、甘口のワインかブランデーに浸し、この時は暖炉の前でガウンを着て、足元には黒のラブラドールレトリバー、読む本は「罪と罰」あたりがよろしいかと。くれぐれも恵方巻きみたいにかぶりつかないよう心よりお願いします。

誰が為にシュトレン作る 2

ツリーを立て、ヘキセンハウス(お菓子の家)やパンで作ったリースを飾り、シュトレンのようなX'masのパン(ケーキ)を少しずつ食べながら、やがてくるクリスマスを楽しみに待つ。

何てステキな、豊かな時間の過ごし方をしているのでしょう。こんな生き方、お手本にしたいと思います。

みなさん、10月に入ったとはいえ、ほんと暑いですねぇ。映画「そして父になる」観ましたか? 同じ子供をもつ父親として共感するものがありました。そこで、続編を作ってみました。題名は「そしてシェフになる!」

ストーリーは、13年間自分の店だと思っていた「Mの月」が、実はいつの間にかマダム名義に変わっており、着の身着のまま追い出されるという悲惨な物語です。一応、カンヌ映画祭に出展予定になっています。

前置きはさておき、ほんと暑いですねぇ、10月でこの暑さとは。しかし、暑い暑いとばかりも言ってられません。着実に慌ただしい年末に向かって時間は動いているのです。

実は私ともあろうものが、うっかりして、ある重大な仕込みを忘れてました。それは12月に入るとよく街のケーキ屋さんで見かけるケーキのようなパンのようなもの、そう「シュトーレン」です。

正確にドイツ語読みすると「シュトレン」。それに使うフルーツの漬け込みを、あんまり暑いんでまだ夏気分でいたもんですっかり忘れてました。なに、まだ間に合うかって? シュトレンをなめてもらっちゃ困ります。

だいたい12月に入ると店頭に並び始め、人々はそれを購入し食べ始めます。しかし、このケーキ(パン)は焼きたてはボソボソしてそんなに美味しくないのです。最低でも一週間、できたら二週間おくとしっかり味が馴染んで美味しくなるのです。

ということは、11月半ばにはもう焼き上がってないといけない計算になります。しかも、問題なのは中に入っているフルーツ、「シュトレンはフルーツの漬け込みがすべて」と言われるぐらい漬け込みが重要で、最低でも焼く1ヶ月前、できたら2ヶ月ぐらいじっくり漬け込むのがベストです。

ということは、11月半ばに焼く2ヶ月前、つまり9月半ば、いや10歩譲っても10月初めには漬け込まないと間に合わない計算になります。で、今日が10月10日、さぁどうする〜シェフ君〜〜〜

P.S. 今年のシュトレンの名称が決定しました!
「100倍返しシュトレン」よろしくネ!

「池上 やすと の最も受けたい授業」

今回、このシュトレンについて、歩く大英博物館と呼ばれるこの私が軽く説明しておきましょう。名付けて「池上 やすと の最も受けたい授業」。

まず、「アドベント」という言葉を聞いたことがありますか? これは X'mas(12月25日)から数えて、その前の4週間の期間のことを「アドベント」といいます。

ヨーロッパの人々は「アドベント」を非常に大切にする習慣があり、この間にツリーを立てたり、リースを飾ったり、そしてこのシュトレンを少しずつ食べ、楽しい X'mas を家族で楽しむのです。

某極東の島国のように X'mas イブ だけ「いちゃいちゃカップル」が盛り上がるというようなことはないのです。

そのアドベントの重要なアイテムのひとつが「シュトレン」なのです。

卒業、旅立ち、出会いと別れ...

春ですねぇ、大変ご無沙汰しております、壇蜜夫です。姉の壇蜜がいろいろお世話になっています。

怒濤の年明けからバレンタイン、そしてホワイトデーといけいけマダム率いる地獄のアマゾネス軍団が収穫月を不法占拠し、チョコレート、マカロンを作りまくっていましたが、やっと収束を迎える日がやってきました。

この日をどれほど待ち望んだことか。私はその間、事実上軟禁状態で行動を逐一監視され、倉敷の「アウンサン・スーチー」と呼ばれてました。

しかし、マカロン作り終了とともにアマゾネスコマンド部隊は解散され、収穫月に平和な日々が訪れました。ありがとうアマゾネス、来年またお願いします。

実はこのブログもアマゾネス打ち上げ会が岡山の某フランス料理店で今行われており、その隙間を縫って書いております。

寒くなったり、暖かくなったりと日々めまぐるしいですが、みなさまもお体にご自愛ください。春はそこまで来てますよ。

シェフ's 卒業ソング ベスト3

3位 ///「卒業」斉藤由貴
私も制服のボタンを下級生からねだられたかったです。

2位 ///「春なのに・・・」柏原芳恵
もの悲しいですね、この歌を聞くと涙が出ます。

3位 ///「贈る言葉」海援隊
私ら世代はこれでしょう、金八先生ありがとう。

盛り上がってきましたので、ついでに...
「春なのに・・・」の替え歌で♪

シェフなのに・・・/作 なかはらやすと

借金だけが理由でしょうか?
飲まず食わずの日々がまた続きます
シェフなのに馬車馬ですか?
シェフなのに使い走りですか?
シェフなのに〜 シェフなのに〜
血尿がとまらない〜

それでは、みなさん「豚Gランチ」でお会いしましょう!

Yukako Nakahara
_Patissier
なかはらゆかこ
パティシエ
Yukako Nakahara _Patissier