Salon

深夜の銭湯は人生の縮図である

Mar 2017
14

いよいよ1ヶ月半と長きにわたる自宅リフォームも残り1週間で完成です。何かと不自由な生活を強いられましたが、それなりに楽しんでおります。

やはり一番困ったのがお風呂です。冬ですし私ももう50歳を過ぎ若い頃のように汗をかかなくなりましたが、それでも加齢臭が気になり L.P.みぽりんに嫌われては困るのでほぼ毎日近くの「Kの湯」という銭湯に行ってます。

ディナーが入るとどうしても閉店間際になるのですが結構人が入ってます。毎日来られる方もいるみたいで、今日はその中で印象に残っている人を紹介しましょう。

一人は「すごい太ったおっちゃん」でお相撲さん並みの巨体でその人、風呂上りにいつも靴下を履こうとするのですが腹がジャマになってなかなか履けません。別に今履かなくてもと思うのですがどうしても履きたいみたいです。

5分ぐらい四苦八苦してそれでもかかとが入らない状態、見かねて「手伝いましょうか?」と言いたいところなんですが、あんまり関わりたくないんで知らんぷりしてます。

もう一人は「モヒカン刈りのおっちゃん」風呂上りに丁寧にドライヤーでモヒカンを整え必ずコーヒー牛乳を飲んで帰ります。とにかくイカツイです。

困ったことにこの二人が最近なんか妙に私に話しかけたがっている気がするのですが気のせいでしょうか?

何にしても関わりたくないんで早く家の風呂が完成してほしいです。深夜の銭湯は怪しい人でいっぱいです...

3.17 は12時オープン!?

すみませんがその日は次女の小学校の卒業式でしてお店は12時オープンになります。

工事ともども大変ご迷惑をおかけしておりますがよろしくお願いします。

別に行かなくてもいいのですがどうしてもイケメンパパに来てほしいみたいなので行ってきます。

ハンカチを忘れないようにしなければ... その前にスーツ入るんでしょうか?

Yukako Nakahara
_Patissier
なかはらゆかこ
パティシエ
Yukako Nakahara _Patissier